田倉寛史の競馬能書きを訊け!~二代目佐々木の予想

南関東競馬(大井、川崎、浦和)で47年間、常にトップに君臨してきた伝説の予想屋「佐々木の予想」の看板を引継ぎ、二代目を襲名した田倉寛史が、なんと中央競馬の裏側に鋭く迫る!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★競馬も夏の香り

ハンカチ王子に話題をさらわれた感のある週末だったが、東京競馬場は安田記念、もちろん大井競馬も大々的?に開催された。日曜の大井競馬では南関東のエース、内田博の名前なく「おやっ?」と思ったら、当日彼は東京競馬に参戦の為大井は欠場。

別に中央はデーゲームで、大井はナイターなんだから、終わってから乗ればいいじゃん、と思うが、交通機関に支障があったら大変だし、大体騎手は開催前日に調整ルームに入る義務がある為(他場の騎手は自宅待機で連絡が取れる様にしておけば調整ルームは免除/地元の追い切りがありますから)仕方がないか。

内田博の成績は、日曜は未勝利だったが、土曜にチャッカリ1勝して、中央リーディングでも上位キープする所はさすが。ただ皆さんも気付いていると思うが、彼は中央・公営両方免許を持ってる訳ではなく、公営から中央に参戦する馬がいた場合帯同し、「ついで」に他のレースに騎乗しているが、それはたてまえ。

いいか悪いかは賛否両論あるのだろうが、どう見ても勝負にならない馬を連れて行き、その「ついで」と言われてもヤハリ不自然な感じがする。

でも、馬と言うのは別に勝たなければ見入りがない訳ではなく、出走すれば出走料がもらえる。ふと、「中央競馬に比べ地方競馬の方が賞金も出走料も安いのだから、どうせ勝算の無い馬は中央を使った方が稼げるのでは」と言う疑問は出るだろう?

ただ中央を使うには、まずJRA認定競走を勝ってる事が条件だが、道営などは1日3回くらい同レースが組まれており、勝てば権利は生まれ、即中央!と行きたいが、そこは敵も去る事JRA。ちゃんと対策は練ってあるのです。

まず、中央挑戦の場合、輸送費は各自負担(中央の馬がJRAを使う場合はJRA負担)、大体船橋から大井への輸送費が63700円だから仮に大井の馬が中山を使おうとしたら同程度以上(1頭輸送だと高くつくのでは?)の負担は覚悟しなければいけない。

もう一つのハードルが「登録免許税」。これは中央に馬主登録のない馬主さんの馬が使う場合に発生する物で金額は9万円(1年有効)。公営競馬の場合最大20人まで共同馬主が認められ、仮に20人全員中央に馬主登録がない場合、9×20=180万円掛かる計算になる。

これでは余程自信があるか、余程経済的に余裕がなければ負けた場合は大赤字、したがって、皆、中央へとはならない訳である。では内田は何で毎週挑戦する馬を確保出来るのか?

これは、あくまで噂だが、中央に馬主登録ある方の馬でとりあえず捨て石に使って貰い、お礼はその方の別の馬で。。。何と、その輸送費は内田が負担・・・らしい!!(これはあくまでも噂ですよ!)

そこまでして中央で乗るのだから勝たなければ内田も大赤字?と考えれば、頑張るのも納得か?今回は随分、危ない話をのせてしまった!


★安田記念回顧
やはり、勝ったのはダイワメジャーでした。うん!これは納得でいいでしょう(自画自賛?)。先週触れた通り昨秋からの充実は、有象無象の沸き出て来た、付け焼刃な有力馬とは一線を画す内容でそれを証明した感。

コンゴウリキシオーのマイペース(エイブルワンが折り合い欠き競った様に見えたが、実質は平均ペースで行ってる)の好位イン、じっくり待機から直線、チョイと外に出すのに手こずったが、後はアッサリ、貫禄の勝利でした。

前述コンゴウリキシオーはCコースの恩恵もあった。先週から同コースになり、先行馬の残りは目に付いていた。さらに、穴で推奨したジョリーダンスが3着しただけ、唸る馬券。

でも、推奨3頭中2頭で1・3着だから、まあ前予想としてはマズマズか、けなした1人気スズカフェニックスは消えた訳だしね。


★エプソムC展望

G1も一段落で、何か気の抜けるエプソムC(G3)、実は俺には思い入れの深いレースなのだ。さかのぼる事、中学時代。オヤジと祖父がスポーツ新聞片手に、検討しているところ、居合わせた俺に「お前も一枚勝ってみるか?」。当時からマージャン大好きでギャンブル中毒の俺が、この誘いに乗らない訳がない。

当時、横浜在住で買いに行く野毛の場外(ウインズ横浜)は、当時特券(1000円単位)中学生に1000×?は大きい!何だか分からない新聞を見て、適当に買ったのが、中野栄ジョッキー スーパーグラサード=嶋田功サガミテイオー。

その結果は「取った!」と頭がボーっとした。6ー8、600円。今思えば、あの時オヤジが一言「お前も一枚勝ってみるか?」のお陰で、今こんな悲惨な人生を歩いている。ああなんて、すばらしい人生がおくれているのだろう。と恨み、いやいや感謝しています。

さて話は本題。主力は新潟大賞典を使った馬で普通には勝ったブライトトゥモロー。しかし、完全追い込み競馬を前で頑張った2着サイレントプライドの方に価値があり、現在の馬場状態も味方してくれそうだ。

前走、ヴイクトリアマイル、3着のデアリングハートは、馬場有利所粘り込み程度で、次週牝馬限定マーメイドSを控えての参戦となり、ヤル気ムンムンだろうか?

また、出避微妙であるが、出てくればショウナンタキオンが面白い。新馬、新潟2才Sを快勝で話題に成った時期もあったが、長期休養の憂い。そして復帰戦、谷川岳Sが5着も、最後伸び脚が際立っており、見通しの明るい内容だった。この点を注意して、馬券検討をするが良いだろう。今週も、馬券連勝なるか?乞うご期待!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takurahiroshi.blog100.fc2.com/tb.php/9-58998128
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。