田倉寛史の競馬能書きを訊け!~二代目佐々木の予想

南関東競馬(大井、川崎、浦和)で47年間、常にトップに君臨してきた伝説の予想屋「佐々木の予想」の看板を引継ぎ、二代目を襲名した田倉寛史が、なんと中央競馬の裏側に鋭く迫る!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★韓国競馬に挑戦4~本場ソウル編
釜山の競馬場は辺ぴ?な所にあったが、ソウル競馬場(正確には果川ソウル競馬場=クァチョンソウルキョンマジョン)は、ソウル駅から乗り換えなしの地下鉄一本20分でとても便利。改札を降りると、早速1000Wの競馬新聞を2紙売っていて、これが飛ぶように売れる売れる。となると買いたくなるのが心情で、俺もとりあえず新聞を購入。




階段の途中でキムパ(海苔巻き)や何やらダンゴ虫??の大きいやつを大鍋で煮たやつを売ってたり(次回挑戦します・・)とムードは満点。小さな橋を渡るとそこはもう競馬場の入口で、これだけ利便性のいい競馬場は日本にもないくらい。馬蹄形のアーチもくぐり300Mほど行くとそこが正門。

別に普段から地べたの商売をしているからか、指定席に入ろうなどと言う感覚はないが、ここには「外国人専用席」があり、パスポートを見せれば無料!当方無料と言う言葉には大変弱い性質でございまして、これは利用しない手はない!とその席のある新館に向かうと、高級ホテルの様な出で立ちのスタンドがデーン!ソファーもユッタリで、これは快適。受付のお姉さんは日本語も通じて、しっかり馬券の買い方も教えてくれて、こちらに先に来るべきでしたな。


基本は釜山と同じだが、直線は一寸短め(それでも400M強はあります)。1600などの一周競馬は、内馬場からスタートして4Cから外回りに出る形は、なにやら日本の障害レースの様。釜山でコツを掴んだ俺に怖い物なし!普段商売している時にない?自信に満ち買った馬券も好調で言うことなし。

一つに馬の見た目、二つに成績(何となく着取りの流れで好・不調くらいなら分かるので)、三つ目は「オッズ」。あまり言いたくないが、これは万国共通の手法で、ポイントは「複勝」。普段競馬場にいて商売柄いろいろな所から「その筋の情報」が入る事があるが、常套句で言うのが「この馬勝負らしいんだけど、相手何買ったらいいの?」

要は厩舎は自分の馬の調子は分かる・・が、他の馬が分からない。当然関係者は馬券を買ってはいけない(と言うのも変な決まり。では馬主は関係者ではないのか?)が抜け道はいくらでもある。あくまで昔の話(にして置こう)だが、連勝は相手が分からないし、単勝までの自信は・・・。そんな時、厩○員は自分の馬の複勝を1・2万買ってこずかいにする・・・らしい??

だけど複勝の売り上げなんてタカが知れてるので、あるタイミングでオッズを見ると「何でこれこんなに売れてるの?」なんて馬がいたらシメシメ!(あまり日本の競馬に悪用することなかれ!)

土曜だったが、場内にも活気あり楽しい気分。ただ直線「よし!振り切って、振り切って、あっ!外から!そっちの方が高い!抜いちゃえ!抜いちゃえ!真ん中凹め!よし、万歳(まんせ~)!」と思いっきり日本語で叫んだら睨まれましたが・・・。

帰り門を出ると、ホルモン焼きで焼酎で一杯の屋台。美味そうだったなぁ~。階段の踊り場に人巻きが出来ていて、「どこにもカイキ屋(競馬場の外で「ハイ!最終も一点で大当たり~」とやってる怪しげな機械を売る人の事です)は居るんだな~」と中を見ると、やってたのはサイコロ賭博!!地下鉄の改札に係員がいないのをいい事に、自動改札を飛ぶわ、くぐるわ!ホント日本の古き良き時代に戻った感覚だった。


さて明日は目当てだったキョランマルの済州島競馬!ひっぱった韓国編も、次回が最終回。お楽しみに。


★オークス回顧
まさかのダイワスカーレット回避(がもっと早く分かっていたらウォッカはダービーに向かったのかな?)で、「軸」が居なくなったオークス。となるとTRで強い競馬したベッラレイアが一番人気は当然の流れで、秋に2強との対決を盛り上げる為にもここは勝って欲しかった。

スマートストームが飛ばし、結果ドン尻。番手ハロースピード11着、3番手カナマチボタン、好位ザレマと皆先行勢が壊滅した中差し切ったのがローブデコルテ。

展開に恵まれた感はあるが、終始ベッラレイアをマークし、直線外に出そうとした所でトウカイオスカーとミンテイエアーに挟まれ、立て直して差し切ったレースは「見事で強かった」でいいだろう。桜花賞4着の同馬のこのパフォーマンス。やはり今年のトップクラスの牙城は揺るぎなかった。

敗れたベッラレイアも先行勢の一員で、展開負けの見解が多いが、俺が気になったのは「手前」。右手前で来て抜け出し残り、100Mで左手前に替えた(替えさせた)瞬間失速し、差されてしまった。(フローラSがGLまで右手前で走っている)

オグリキャップがJCで惨敗したのを見て、武豊が有馬記念で手前を替えさせ、直線一気抜け出し激変した有名な話があるが、秋山君も大事な所で若さが出てしまった感だ。ローブデコルテの強さは認めつつ、今一度やったらやはりベッラレイアの方を買いたい。


★ダービー展望
競馬はどんな大レースでも、終わってしまったら次はこれ、その次はこれと、振り返るヒマも無く忙しく、何となく流されてしまうが、ダービーだけは別物。やはり「いよいよ」である。

ウオッカの参戦、武豊謎の降板劇(噂ではアドマイヤの馬主さんとは以前から一悶着あり、弥生賞を勝った時も「何でクビ差なんだ?武クンは寝ぼけてたのか」とのコメントから、今回の一件は怒り心頭に達した為??)と話題に事欠ないダービーだが、まずは皐月賞内容が検討のキモは当然。

当時も書いたが、「折り合わないな・・エーイ!行ったれ!!」逃げが功を奏した皐月賞は、サンツェッペリンとの行ったきり、あれが二番?普通はムリ。(ただ「こんな馬」と言われる馬に限って、ダービーも持って行く例は多いのですが《最近ではサニーブライアンなど》)

まあ普通にフサイチホウオーでいいだろう。完全イン詰まりから4C安勝お得意「どかし捌き」を敢行し、最後急追でハナ・ハナ差、差し切れなかったが、もし差していたら「これは強い」となっただろう。周囲にブチブチ愚痴られ、安勝が黙ってる訳がない。勝った後の勝利インタビューは何を言うか見ものだ。

これの頭と決めて、相手をどこに持って行くか。普通に行くなら、やはりアドマイアオーラ。皐月はフサイチマークが完全裏目で、フサイチ程ではないが同馬も脚を余したのは明らか。それでは面白くない。前述ヴィクトリ=サンはGL迄は保たないとしても、さすがに途中まではしっかり引っ張ると考えると、追い込み一手はどうか?その直後にいて差せる力のある馬・・・。

ナムラマースはどうか?皐月賞は正直原因不明。買い難いは確かだが、ラジオNIKKEIで大不利喰いながら、もう一度フサイチ・ヴィクトリーに迫ったレース。スローも地力で追い込んだきさらぎ賞から、あれが同馬の本当の能力とは思えない。皐月5番人気から急落は必至。逆手に取ってちょっと買ってみたい。

ウオッカをどうする?確かに強さは認める。ただ先週も書いたが、ダイワSを避けての参戦感もあるし、これを勝って凱旋門賞??そこまで、そこまで、そこまでスケールのある馬なら2戦目でマイネルソリストには負けないだろう。好戦はしそうだが話題先行で売れなら切り!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takurahiroshi.blog100.fc2.com/tb.php/7-7f88b6cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。