田倉寛史の競馬能書きを訊け!~二代目佐々木の予想

南関東競馬(大井、川崎、浦和)で47年間、常にトップに君臨してきた伝説の予想屋「佐々木の予想」の看板を引継ぎ、二代目を襲名した田倉寛史が、なんと中央競馬の裏側に鋭く迫る!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★脚元の重要性
田中勝の15年振りGI制覇で終わった皐月賞。正確には05年に川崎 全日本2才優駿を勝っているが、どうやら中央関係者や新聞記者には、2才優駿などGIの中に入ってない様である。

先週述べた通り、蹴っ飛ばしたこちとらは、半分サバサバ、半分苦々しい気分だったが、このレース9着に終わったココナッツパンチに関して、金曜日付けで興味深い記事が出ていた。

『特殊蹄鉄の進化版、ワンコ装着』

正式には「ベルブーツ」と言い、蹄の上にビニール製の傘が被っている様な馬具で走っている最中、前肢と後肢が接触し、蹄を痛めてしまう恐れのある馬に装着するのだが、皆さんパドックで馬を見る時、馬の蹄まで見るだろうか?(最近は場外・在宅投票派が多い様で、競馬場に行くのも億劫かな?)

古い格言には、古代ローマ(だった筈)『蹄なくば馬なし』や、日本では『相馬の五調』=『一・蹄、二・目、三・心、四・毛、五・血』(すなわち、まず馬を買う時は一番に蹄を見なさい。そして目・心.毛並み、血統なんて物は最後でいいとの意味)と言うくらい、蹄は一番土台になる大事な部分なのである。

その蹄には当然蹄鉄が打ってあるが、これには人間の靴の役割の他に、脚も衝撃から守る役割がある。馬は四本の脚を交互に出し、その脚が地面に着地した時に1トン近い負荷がかかり、それがモロに蹄に響いたら一発で故障してしまう。その時、蹄鉄が左右に開き、衝撃を逃がす、ちょうど車のショック・アブソーバーの働きをする。

この事は競馬用語で『蹄機作用』と言うのだが、中には裂蹄等であまり蹄機作用が大きいと、具合の良くない馬がいる。その様な馬には蹄鉄の真ん中を渡しで繋ぎ、開かない様に細工した「鉄橋蹄鉄」を使用しレースに望んでくる。

まずその様な蹄鉄を使用した馬は、脚元に何らかの疾患があると踏んで間違いなく、これで人気馬を蹴って成功した例は数知れないが(当然、普通の蹄鉄に戻り、好走する馬もいるが)、まず一般ファンがこの様な事に気付く事はない。マア一日見て1〜2頭しかいないだろうが、折角競馬場に行ったなら「パドックなんか見たって分からねえや」と言わず、馬の脚に注目してみてはいかがかな?

★皐月賞回顧
昨年勝ちタイムと同タイムだった今年の皐月賞。ただ昨年は、ステキシンスケクンの先導を、4Cでフサイチリシャールが交わし、そこを追い込んだメイショウサムソンと比べると、自身の逃げ切りで出したヴィクトリーの方が価値が高い。当然勝ち馬の能力は認めるべきだが、見ていた印象は「単調なレース」。

逃げたヴィクトリーに番手のサンツェッペリン、本来ならそこにプレッシャーをかけなければいけないアサクサキングスや、メイショウレガードが全く追い上げる素振りもない「策無し騎乗」で、中団インにいたフサイチホウオーや、それをマークしたアドマイヤオーラの安勝と武豊は、さぞかし舌打ちをしたのでは?

BS通過時点で「これは(前に)やられたな」の予感そのままの行った切りレースは、見ていて味も素っ気も無かった。田中勝の好騎乗とほめる向きもあるが、俺は「1Cで馬が引っ掛かったから行ってしまえ」が功を奏した結果オーライと見た(負け惜しみかも知れぬが)。

それにしても驚いたのは、フサイチホウオーの伸び。先週述べた通り、派手さのない勝ち方から競輪流に言えば「地脚」タイプと思ったが、これほどの末があるとは・・。マア人気にはなってしまうが、この馬はダービーの有力候補という見方でいいだろう。

★フローラS展望
まずは、桜花賞5着のイクスキューズをどう取るか?今年の牝馬クラシックは間違いなくレベルが高い。なら桜花賞で健闘した馬が一枚下がれば「有力は当然」が普通の読み方。ただ、中2週で何故ここに出る?オークス目標なら東京コース経験はあり、獲得賞金から除外の恐れも無い。となると、桜花賞上位との差を考え、この5200万を取りに来た可能性は高い。中間気配は注意だが、有力視が妥当。

人気はベッラレイラ。新馬快勝から向かう予定だったクイーンC除外、アーリントンも除外の憂き目で向かった先が、牡馬相手でいきなり距離延長。すみれ賞は3着なら上出来レース。これでフラワーSの予定がまたまた除外で、仕方なく中京回りと相成って、ST出遅れながら直線一気でザレマを一蹴。そのザレマが忘れな草賞でフィリーズレビュー4着 ヒカルアモーレを負かしているのだから、これは価値高いでいい。

新味でベッラ、実績でイクスが基本線だが、問題は開幕週東京の馬場。昨年は「イン天国」で外廻した差し馬が壊滅(まさか今年はそこまで極端な事はないだろうが…)。この教訓から、先行ホクレレを穴で狙いたい。フラワーS ショウナンタレントの逃げ切りを、大外一周の不利で3着ない2着は評価出来る。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takurahiroshi.blog100.fc2.com/tb.php/2-c2a6cc9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。